包括的にプロジェクトに関われる

,

エンジニアとしての素養を積んで就職したときには一社員としてプロジェクトの一端を担うだけのことが多い。特に研修期間はプロジェクトのサポートにすらならないような仕事にしか従事できない場合も多く、一人前になってもプロジェクトの方針に従って仕事をすることになる。確かに掲げられている目標を達成するために努力をして成功し、プロジェクトが最終的に完成すると達成感はある。

しかし、システムエンジニアになりたいという人にはシステムの考案から完成までを全てやり遂げたいと考えている人も少なくない。プロジェクトが予め定まっていて、与えられた仕事だけをしているのにストレスを感じる人もいる。そのような高い目標を掲げているシステムエンジニアにとって管理職は魅力であり、プロジェクト全体を包括的に管理していくことができる。プロジェクトの立案から始め、全体の進捗を常に管理して完成形を目指していくことが重要な任務になる。全体管理をしながら常に開発の方向性を定めていくことができるのは管理職の魅力であり、プロジェクトが完成したときには自分が作り上げたシステムだと胸を張れるようになりやすい。

システムそのものの方向性を定めるだけでなく、人材の管理やクライアントとの交渉も行わなければならなくなって仕事は忙しくなる。しかし、それに見合った達成感を得られるのは管理職になってシステム開発に従事する魅力であり、システムエンジニアが目標とすることも多い。