人材育成とチームワークの向上

,

システムエンジニアの中でも管理職の業務に関する特徴として挙げられるのは人や物を管理する立場にあるということだ。まず人に関する管理で言えば人材の育成が特徴的だろう。IT系の企業は人材が不足しているところが多く、優秀な人材を育成することが求められる。その人材を育成するときのポイントとして技術力や業務内容に関するアドバイス以外に精神面のケアも大切になる。技術面と精神面の両方を管理することが管理職に求められる能力と言える。

人に関することでは他にプロジェクトメンバーの管理も業務内容に入る。プロジェクトのメンバーが人間関係でトラブルを起こさないようにするために、チームワークを良くするように努力することが必要だろう。チームワークが良くなればプロジェクトが成功する確率もアップする。

物に関してはプロジェクトの管理が挙げられる。管理職の人はプロジェクトリーダーに任命されることが多い。そのためプロジェクトの管理を任されるケースも増える。プロジェクトが立ち上がりチームを組んだ場合に、チームメンバーに適した役割を振り分けてあげるのが業務の内容になる。役割分担が済めば、仕事量の調節だ。仕事量の調節はプロジェクトの進捗度合いによって変えていく必要がある。スムーズに進んでいる場合は余裕を持った仕事の進め方をすればよいが、進捗状況が良くない場合には仕事量を増やしていかなければならない。このプロジェクトの管理次第で完成した製品の質が変わる。