ギャップと必須能力

,

システムエンジニアについて個人で黙々と作業をこなしているイメージを持っている人が多いかもしれない。しかし、実際の仕事の行い方は違う。新製品のプロジェクトが立ち上がった場合、プロジェクトチームを結成する。そのプロジェクトチーム内で役割を分担して作業を行うことで製品の完成まで進んでいくことになる。

このチームで作業を行うことには、コミュニケーション能力が求められる。それぞれのポジションで行った内容や発生した不具合についての情報を交換することで、システムの修正を進めていく。互いの情報が交換できない状況ができれば、不具合の発見が遅れてしまい、納期までに間に合わない事態を招きかねない。そのようなミスを起こさないためにコミュニケーションが必須なのである。管理職の立場にある人は他のシステムエンジニアよりも高いコミュニケーション能力が必要になるだろう。管理職はプロジェクトの管理を任されるケースが多い。プロジェクトの管理は仕事の進捗状況を把握していなければ行えない作業と言える。チームメンバーから情報を収集することで仕事の進み具合を知ることができ、仕事量の調節ができるようになるのである。

また管理職の立場にある人はチームワークを良くすることが求められるだろう。チーム内での人間関係から起きるトラブルでプロジェクトの進行が遅れてしまえば、製品の質を下げてしまう可能性が出てくる。トラブルを回避するためにもチーム内の関係を良好に保つことが業務の一部と言える。その他の管理職に求められるスキルについても把握しておくことで、ギャップを埋められるだろう。